QLOOKアクセス解析

P+

「P」「P+」DVD発売

P+

いよいよ「小林賢太郎テレビ ライブポツネン in ヨーロッパ』と『LIVE POTSUNEN 2013「P+」』のDVDが発売されます。私は演劇のDVDを買ってもあんまり繰り返し観ないんですけど、これは何度でも観ちゃうかもしれないなあ。無人島に持っていくならこのDVDでし…

「P+」公演終了

P+

「P+」終わっちゃいましたねえ。 子供の反応も良かったみたいですね。確かに、「P+」には子供が観ても分かる、感覚的に楽しい作品が多かったと思います。漫画の奴とか、東海道五十三次とか、Line&Diverなんかは、真似してごっこ遊びができそうです。毛虫も…

LVE POTSUNEN 2013 P+ ②

P+

LIVE POTSUNEN 2013 P+①の続きです。以下ネタバレです。未見の方はご注意ください。

LIVE POTSUNEN 2013 P+①

P+

役者は観客がそこに存在しないつもりで役を演じます。 観客は舞台でどんなことが起こっていようとも、決してそれが自分達の身に降りかからないという前提で舞台を覗き見ています。この第四の壁(舞台の正面にある、舞台と客席を隔てている空想上の見えない壁…

ボンボヤージ 【裏】

P+

………アラ…お届け物かしら…白玉は此処には居りませんわよ。ズット戻って参りませんの。…妾(わたし)は白玉の客よ。あの人を待っているうちに何となくこの部屋に住み着いてしまいましたの…。妾、貴方を見たことがあるわ…こないだテレビに出てたでしょう。……マ…

LIVE POTSUNEN 2013 P+ 北九州公演

P+

観劇とは博打のようなものだなあと思っています。フライヤーにはもの凄く面白い作品であるかのように書かれているのに、実際に観てみるとそれほどでもなかったり、あんまり期待しないで観に行ったら大当たりだったり、色々です。そうやってたくさん観ていく…