QLOOKアクセス解析

アウトレイジ

久々の三連休。嬉しいのですが、台風のせいでほとんど外に出られませんでした。

雨が上がった後、山の上部ではなく、麓に虹が架かっていました。
波のしぶきに光が当たってできたのではないかと私は推測しています。
珍しいものが見られて得した気分でした。

連休の最終日ということで、私の持病である仕事したくない病が再発しておりますが、会社に行かなきゃ仕事は鬼のように溜まる一方だしなあ…。ε=(・д・`*)ハァ…もっと休みたいです。

家の中では特にすることもないので、窓の外で風がビュービュー吹きすさぶ音をBGMに映画を観ました。
北野武監督の「アウトレイジ

アウトレイジ [Blu-ray]

アウトレイジ [Blu-ray]

私はあんまり北野武の映画を観たことがないし(キッズリターンと座頭市とダンカンが主役のやつ(タイトル忘れた)は観た)、ヤクザ映画もほとんど観たことがないのですが、結構面白かったです。残虐な作品とは聞いていましたが、想像以上でした。さながら殺しと拷問の見本市のよう。とにかくバッタバッタと人が死んでいく。重要と思われる人物もあっけなく死んでしまいます。その痛みがこちらにもリアルに伝わってくるのですが、それに耐えながら結局最後まで観てしまいました。へへへ、しばらく歯医者とラーメン屋には行けないなあ…。

ストーリーはそんなに難しくはないです。
ヤクザの大親分が、目の上のたんこぶである自分の傘下の組長3人を始末するため、彼等や彼等の手下を操り、つぶし合いをさせる。しかし、各々の利害や思惑が絡み、下克上もありの殺伐とした大きな抗争へと発展する。
複雑そうに見える人間関係も、話が進むにつれて自然と分かってきます。

ちょっとした油断で足元を掬われてしまうし、組織にとって要らない存在になれば即命を狙われてしまう世界。
次は誰が殺されるのか。ハラハラしながら食い入るように画面を見つめていました。

何と言っても、椎名桔平がエロかった…。48歳であの色気。
着崩さない襟元から滲み出るフェロモンが半端ないのですよ、皆さん!
新卒で入社して3年も経たずにオッサンになる男性も多いというのに。いやはや、恐れ入りましたm(._.)m
それに比べて、女性陣のあの魅力のなさは何なのか。みんなマネキンみたいだったなあ。ベッドシーンでも、相手の女性より椎名さん演じる水野の方が圧倒的に色気がありました。
死に様も壮絶。首が…首がああああああ!!!!

加瀬亮さんのインテリヤクザも良かったです。
血の気の多い武闘派の連中とは違う、クールな今風のヤクザで、爬虫類っぽい感じ。
外国の大使館が治外法権であることを活かして金儲けするというアイデアが面白いと思いました。

小日向文世さん演じる悪徳刑事、こいつがどこまで絡んでいるのか…。
全部彼の手のひらの上での出来事という気もしますね。
仁義なんてただの方便。兄弟親子の絆も一時だけのもの。一番ずる賢いやつが勝つ。
そういうことでしょうか。
まあ、単純にブラックなアクション映画として楽しめばいいのかもしれない。
でも、13日の金曜日のようには割り切れなかった。だって、痛いんだもん。

それから、音楽がかっこいいです。鈴木慶一さんグッジョブ!

来月続編の「アウトレイジ ビヨンド」が公開されるんですね。
大友…生きとったんかい、あんた!!!
何か複雑…ドラゴンボールクリリンがあっさり生き返った時の心境にちょっと似ている。
私は水野が見たいのだが…まあ、見られないだろうなあ。